がん超早期遺伝子検査

MRI・CT・PETなどの画像診断でも見つからない
がんリスクを調べることができる!

【ガン発生のプロセス】

_知陝箆群宗法過労、ストレス、化学物質、紫外線、ウイルス、タバコなどで遺伝子が傷つく
   ↓
△ん遺伝子、がん抑制遺伝子のバランスが崩れ増殖開始
   ↓
ブレーキが壊れた車のようにがん増殖が暴走しだす
   ↓
いんが大きくなるために必要な栄養を取り込むため「血管新生」が始まる
   ↓
イんが成長・・・5mm(PET検査で発見)・・・10mm(一般的な画像検査などで発見)
   ↓
Δんの拡大や転移

通常病院が行うがん検査対象はグ聞澆里發里如↓ 銑い離ンの危険性に関しては、ほぼお手上げ状態です。遺伝子を調べるがん超早期検査は、今まで探ることができなかった 銑い涼奮でガンの危険性を察知するものです。

若いうちは毎日傷つく遺伝子の修復も早く、免疫も活発ですから事なきで済みます。しかし、30代、40代、50代と年齢を重ねていけば、傷ついた遺伝子からがん化するリスクが高くなります。

後天的に傷ついた遺伝子を調べるがんの超早期検査は、20ccの血液を採取するだけで、約60項目の遺伝子を以下のようにチェックします。

▲がん関連遺伝子の突然変異
▲がん関連遺伝子の発現解析
▲がん関連遺伝子のプロモーター部分のメチル化

これによって、ほとんどの主要なガンのリスクが判明します。

もちろん、超早期段階でのガンリスクが判明したからといって、将来100%ガンになるわけではありません。しかし、防衛手段を講じ対策を施すことはできます。ガン発症は3人に1人から2人に1人といわれる時代です。がん遺伝子検査は自費になりますが、次のよ
うな方には有益と思われます。

1.家系的にガンの多い方は早い段階でリスクを知るために
2.ガン治療をされている方は現在の治療が本当に効果的なのか?
3.再発リスクを予測するために