遺伝性腫瘍(家族性腫瘍)
生まれつきがん抑制遺伝子が働かない人もいます。
生まれつき遺伝子の異常があり、それが原因で発症するがん。人間は、がんができないように抑制する遺伝子を持っています。私たちの体の細胞には両親からそれぞれ1個づつ、がん抑制遺伝子を受け継いでいます。つまり、一つの細胞に2個のがん抑制遺伝子があります。

遺伝性腫瘍の場合、はじめから2個のがん抑制遺伝子のうち1個に異常が見られるのです。その分、2個ともがん抑制遺伝子が正常に働いている一般の人に比べ、発がんしやすくなります。

遺伝性腫瘍には部位ごとに次のようなものがあります。

《脳》
フォン・ヒッペル・リンドウ症候群

《目》
網膜芽細胞腫

《乳がん》
遺伝性乳がん

《大腸がん》
遺伝性非ポリポーシス大腸がん(HNPCC)
家族性大腸ポリポーシス(家族性大腸腺腫症)

《泌尿器がん》
ウィルムス腫瘍(腎芽腫)
遺伝性乳頭状腎細胞がん

《内分泌系》
多発性内分泌腫瘍症

《皮膚》
遺伝性黒色腫

《骨軟部肉腫》
リー・フラウメニ症候群