テロメア
「命のろうそく」とも呼ばれる“テロメア”は、
細胞のアポトーシス(自然死)に関与します。
テロメアは、「命のろうそく」という怪奇っぽい別称もあります。

DNA(「遺伝子とはどんなもの?」参照)という細胞の核の中にある鎖の端っこに付いています。一つの細胞が分裂して二つの細胞になる際、DNAをまったく同じようにコピーするわけですが、端っこのテロメアだけはコピーの度に短くなっていきます。この現象はDNAをコピーするための酵素がテロメア部分には取り付くことができないからだと考えられています。

テロメアは分裂するごとに短くなりますが、ある長さになると細胞分裂して増殖するという活動を中止します。テロメアが短くなることで染色体が不安定なまま分裂を続けると、発がんなど生体に危険をもたらすので、それを回避しようとして細胞分裂を停止させます。いわばひとつの生体防御メカニズムであり、テロメアの短縮はアポトーシス(細胞の自然死)機能とも考えられます。

これに対し、がん細胞の場合は、テロメラーゼという酵素がテロメアを修復伸長再生してしまう現象が起こります。正常細胞では、テロメラーゼは働かないのですが、がん細胞の多くはテロメラーゼの活性がみられます。そのため、がん細胞はアポトーシスせず分裂増殖を継続してしまうのです。