がん遺伝子とがん抑制遺伝子
「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」は、
新しい細胞に入れ替わるためのアクセルとブレーキ役!
がん遺伝子とは、本来細胞の増殖に必要な遺伝子です。がん遺伝子が何らかの原因で傷つくと、特定のタンパク質の働きが異常に活性化され、細胞の分裂増殖が過剰になり、がん化の一因となります。

がん抑制遺伝子は、役目を終えた細胞が自ら死んでいくようにコントロールします。がん抑制遺伝子が異常になり不活性化することも、がん化につながります。細胞増殖抑制作用、DNA修復作用、アポトーシス(細胞の自然死)誘導作用が機能しなくなります。

よく例えられるのが、がん遺伝子は自動車のアクセル、がん抑制遺伝子が自動車のブレーキです。どちらが壊れたも、自動車は暴走します。がんの性質に似ています。

*先天的な遺伝性のがん(遺伝性腫瘍)は、両親から受け継いだ各細胞に2個あるがん抑制遺伝子のうち、1個が生まれながらに異常になっているため、がんが発症しやすいのです。(詳しくは「遺伝性腫瘍(家族性腫瘍)」を参照)