遺伝子と抗ガン剤

患者さんの遺伝子を調べて有効な抗ガン剤治療をする


最近の抗ガン剤のなかで主流となりつつある「分子標的治療薬」は、患者さんの遺伝子を調べることを《効果が見込める》《不必要な副作用回避》の目安として活用するケースがあります。


抗ガン剤の「個別化治療」というテーマのもと、同じガン種であっても患者さんの遺伝子情報によっては、対象となる抗ガン剤を使うべきか使うべきでないかを判断します。


たとえば、大腸ガンの抗ガン剤「セツキシマブ」は、患者さんのKRAS遺伝子を調べて変異があると治療効果が見込めません。他にも下記のような分子標的治療薬と遺伝子の相関関係がわかっています。


【イリノテカン】
対象:肺・胃・大腸・卵巣・乳ガン
調べる遺伝子:UGT1A1遺伝子
→副作用の発現


【セツキシマブ】
対象:大腸ガン
調べる遺伝子:EGFRタンパク
→治療の有効性


【ゲフィニチブ】
対象:肺ガン
調べる遺伝子:EGFR遺伝子
→治療の有効性


【トラスツマブ】
対象:乳ガン
調べる遺伝子:HER2タンパク
→治療の有効性


【イマニチブ】
対象:急性リンパ性白血病
調べる遺伝子:フィラデルフィア染色体
→治療の有効性


遺伝子情報によって抗ガン剤が有効なのかどうか、また副作用が出やすいかどうかをあらかじめ予測することができ、不必要な投薬を回避できます。ただし、遺伝子情報の検査結果が治療効果を保証するものではないことには留意しなければなりません。遺伝子情報は常に一定とは限りません。変異する可能性があります。また一つの遺伝子情報だけですべてが決まるわけではありません。