p53遺伝子がん治療

代表的な「がん抑制遺伝子p53」によるガン治療


p53は代表的ながん抑制遺伝子です。がん抑制遺伝子は、役目を終えた細胞が自ら死んでいくようにコントロールします。がん抑制遺伝子が異常になり不活性化すると、がん化につながります。がん患者の実に50〜70%がp53遺伝子が異常を示しているといわれています。


p53遺伝子治療は、異常なp53遺伝子に代わって正常な働きをするp53遺伝子を体内に入れる治療法です。がん細胞に到達させるためには、「ベクター」と呼ばれる運び屋を使います。現在はアデノウイルスをベクター役とするのが一般的です。遺伝子治療に用いられるアデノウイルスは無毒化されていますが、全身投与時などは37〜40度くらいの一時的な発熱が現われます。


ただし、がん化に関わる遺伝子はp53だけではありません。また、がんの勢いが強かったり、広範囲にがんがある、転移している場合などでは、p53だけではカバーしきれないようです。より即効性のある主治療と組み合わせるなどの方法が研究されています。